top of page

お悩み相談:SNSに自分のことを発信するのに抵抗があります。


今日は、あるクライアント様の方からのご相談について触れたいと思います。


『SNSに発信できません。自分のことを出すのに抵抗があります。 自分のビジネスの為にもやった方が良いのは分かっているのですが・・・どうしたらいいでしょうか?』

というご相談でした。


同じように感じている方は結構たくさんいらっしゃいます。

という私も、実は、以前同じように感じていました。


こういった場合、まずは、何に抵抗を感じているのか、何を恐れているのか、

を明確にする必要があります。


この方も、私からの幾つかの質問に答えていかれるうちに


人にどう評価されるか

何と言われるか、思われるか

が気になっている


ということが分かってきました。


そして、セッションを進めていくうちに

その原因は幼少の頃に遡り

親御さんとの関係が影響していることが見えてきました。


ご両親ともに周りの目を気にするタイプの方で


『みんなと同じようにしなさい』

『みんなはできているのに、あなたは何でできないの?』

『妹の方がちゃんとできているよ』


といったようなことを

何度も言われてきていた、ということでした。


親御さん的には、軽い気持ちで言っていたのかもしれませんが

それらの体験は、彼女の潜在意識の中に深く


自分は出来ない子

ダメな子

人より劣っている


そして

人と同じにしないといけない

人と違うと認めてもらえない


という観念(思い込み)を植え付けてしまっていました。

大人になってからも人の評価が気になったり

否定的なことを言われる経験も多かったそうです。

(と、ご本人は思っていました)




ご存知でしょうか?


自分が発信すると

世の中には3種類の反応の人しかいません。


自分のこと(発信内容)を

1)好きな人

2)嫌いな人(批判する人)

3)興味がない人

です。

全ての人に好かれるなど不可能なことですし

全ての人と関わっていきていくことも不可能です。


自分のことを好きな人や興味がある人達とだけ

関わっていきていけばいいですし

それこそが、幸せに生きていく為の秘訣でもあります。


なるべく、自分を嫌いな人、苦手な人、興味がない人から距離を置き

自分の心地よい世界を作ること。

その世界で生きていけばいいのです。


自分が気にしているほど

批判的な反応をする人はいません。


私たちは皆んな、一番関心があるのは自分自身のことです。

ですので、そもそも人は、それほどあなたに関心がないのです(笑)

と思っているくらいでちょうどいいのです。


万が一、誰かが何か否定的な反応を見せたとしても

もしかしたら、その人がたまたま、他のことで機嫌が悪かったのかもしれません。

もしかしたら、あなたにヤキモチを焼いて羨ましくて、つい言っちゃったのかもしれません。

もしかしたら、悪気はないけどいつもそういう言い方をしちゃう人かもしれません。


何れにしても

それは、その人自身の問題、

もしかしたらその人の乗り越えるべき人生のテーマかもしれませんが

あなたの問題ではないのです。



『批判を気にする人のところに批判は集まってくる』


これも宇宙の法則の一つです。


人の反応が気になって行動できない、という人は

それがその人の人生の目的(テーマ)である可能性が高いですから

そのテーマを乗り越えるまで

宇宙は、あの手この手で仕掛けてきます。

しかもどんどんと強力な手段でやってくるようになります。


気づいて!これがあなたのテーマだよ!

とっとと乗り越えろよ!


とサインを送ってきます。

宇宙はしつこいのです(笑)


自分の人生の目的に気づき

そのテーマを乗り越えた時

それまで続けて起きていた嫌な出来事が

ピタッと止まる、ということがよく起こります。


今回ご相談された方も

ご自分の人生の目的やテーマに気づき

周りの反応など関係ない。自分は自分でいいのだ。

このままありのままでいい。そのまま表現すればいいのだ。

ということが彼女の中で腑に落ちました。


そして、ご自分のことを発信し始めていかれると

思ってた以上に応援や共感の声が多かったそうです。


否定的な態度の人のことなど気にならなくなり

そのうちに、そんな人は1人も周りにいなくなっていたそうです。

今では発信するのが楽しくなってきた、とおっしゃっていました。


まさに、この宇宙の法則を実証された方のお一人です。


この方だけではなく、似たようなケースは他にも何人かいらっしゃいました。

恐らく、世の中には同じような思いで悩んでいらっしゃる方も

少なくないのではないかと思います。

少しでも参考になれば、と思いシェアをさせて頂きました。


もしも、不安や恐怖があるとしたら

それは、具体的にどんなことを恐れているのか?


まずはそこを明確にすることから始めてみてください。

具体的に明確にすると、実はそんなに恐れることでもなかったわ!

という場合もあります^^ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

期間限定・無料プレゼント中!



最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page